学校紹介 О НАС

海外留学СТАЖИРОВКА ЗА РУБЕЖОМ

ロシア地域学科(4年制)の学生は3年次に3ヶ月間、ロシア語科(2年制)の学生は2年次に1ヶ月間、寮で生活しながらウラジオストク本学の外国人のためのロシア語学校で語学実習を行います。

実際にロシアでの生活の中でさまざまなことを学びます。

ロシア地域学科(4年制)の学生は3年次に3ヶ月間、ロシア語科(2年制)の学生は2年次に1ヶ月間、寮で生活しながらウラジオストク本学の外国人のためのロシア語学校で語学実習を行います。実習では単に語学の習得のみならず、実際にロシアで生活し、本学の学生やウラジオストク市民と交流することにより、習慣・価値観・社会システムなど日本では学ぶことのできない様々なことを、生活を通して直接肌で感じ取り、ロシアに対する理解を深めることが大きな目的となっています。留学実習については、事前に時間を設け説明会を行うほか、実習後は報告会を開き意見交換する場があります。

現地でのスケジュール

実習中は、外国人専用の1~3人部屋で生活し、部屋には勉強机・ベッド・テレビ・電話・冷蔵庫・ユニットバスなど生活に必要なものは整えてあります。寮には食堂があるほか、自炊も自由に出来ます。ロシア語学校は寮の隣にあるので、大変便利です。

月~金曜日


・午前中で講義は終了しますが、午後からの自由時間にも個人授業を受けることができます。
・ロシア語学校にあるコンピュータが利用できます。

土・日曜日

各種見学プログラムが用意されています。

留学体験談

ロシア地域学科3年

岡安 優弥

 

  2014年9月から一か月間、ウラジオストクに留学に行ってきました。初めての海外という事もあり留学に行くまでは少々不安になっていましたが、いざ当地に着いてみるとロシア語で問題無く会話できる自分を新たに「発見」しました。普段から函館校のロシア人の先生方とロシア語で話していてさえ、実際に現地の人々と会話できるという事への気付きは、モチベーション面で非常に大きなものがありました。
  ウラジオストク本学での授業は全てロシア語で行われますが、先生方は極めて経験豊かで、授業の質は素晴らしいの一言です。母国語を異にするクラスメイトと「共通語」であるロシア語で語り合い、ロシア以外の異文化にも触れられるのも魅力の一つです。学校では授業だけでなくロシア伝統舞踊の観賞や名所の見学ツアーなども行われ、様々なイベントで充実しています。学校以外においても、街の広場でのライブイベント、歴史ある博物館に足を運んだり、現地の珍しいレストランを試したり、地元の市場で農村のロシア人と話しながら食材を買い漁ってロシア料理にも挑戦…等々、学んだロシア語を活かして様々な楽しみを見出す事ができます。
  今回は一か月という短期間の留学ではありましたが、その密度は自分の足と頭によっていくらでも高める事ができます。皆さんも自分なりの素晴らしい体験を作ってみませんか?