学校紹介 О НАС

設置学科ОТДЕЛЕНИЯ

ロシア地域学科(昼4年制)

 2年間のロシア語学習を基礎にして、さらに実用的なロシア語や、職業現場で使えるロシア語を学び、高度なロシア語力を身につけます。また、ロシアの歴史・文学・文化・政治・経済などを習得し、3年次にウラジオストク本学で3カ月間の留学実習を行います。
 卒業時、極東連邦総合大学から卒業証書と学士号が授与され、さらに函館校から卒業証書と高度専門士の称号が付与されます。

高度専門士

 専門学校の教育内容の高度化と修業年限の長期化を踏まえ、その学習成果を適切に評価するため、一定の要件を満たしていると文部科学大臣が認めた4年制専門課程の修了者に対し、これまでの「専門士」よりも上位にあたる「高度専門士」の称号が平成18年より付与されるようになりました。

ロシア語科(昼2年制)

 ロシア語の日常会話を中心に、基本的文法・作文等をトレーニングするほか、講読・演習を通じてロシア語力を高めます。また、2年次にはウラジオストク本学で1カ月間の留学実習を行います。
 2年間の履修を終えた後は、ロシア地域学科3年次へ編入する道も開かれています。
 卒業時、函館校から卒業証書と専門士の称号が付与されます。

専門士

 文部科学大臣が一定の要件を満たしていると認めた2年制以上の専門課程修了者には、平成7年より「専門士」の称号が付与されています。このことにより、学習した技能・教養が客観的に評価され、証明することが可能になりました。

大学・大学院との接続

 日本の文部科学省より、ロシア語科は「専門士」の称号を、ロシア地域学科は「高度専門士」の称号を付与できる専門課程としてそれぞれ認定されており、さらに、函館校は、両科とも「外国大学の日本校」として指定されております。
 これにより、本校の学生は日本の大学への編入学・転学・単位互換が可能であり、また、ロシア地域学科の学生については、卒業後、日本の大学院への入学も可能です。