極東最大の大学への留学

114年の伝統と世界各国からの教授陣を誇る極東連邦総合大学。
ロシア地域学科(4年制)の学生は3年次に3か月間、ロシア語科(2年制)の学生は2年次に1か月間寮で 生活しながらウラジオストク本学の外国人のためのロシア語学校で語学実習を行います。

詳しく読む

極東連邦総合大学(ウラジオストク本学)

本校駐車場の利用について

本校建物に隣接する函館市国際交流施設駐車場は、所有者である函館市の制度変更のため、平成27年4月1日より北海道国際交流センター(HIF)およびロシア極東連邦総合大学函館校専用となり、関係車両以外は使用できなくなります。極東大学にご用の場合、来客用の駐車スペースは5台と限られておりますので、できるだけ公共交通のご利用をお願いいたします。 なお、この措置に関するお問合せは、函館市企画部国際・地域交流課(TEL0138-21-3619)へお願いします。

お知らせНОВОСТИ

第1回オープンキャンパスを実施しました

第1回オープンキャンパスを実施しました

2021.6.17

 6月12日(土)午後、今年度第1回目のオープンキャンパスを、対面とZoomによるライブ配信という、初めてのハイブリッド...

詳しく読む

【緊急】6/12(土)オープンキャンパス ライブ配信のお知らせ

【緊急】6/12(土)オープンキャンパス ライブ配信のお知らせ

2021.6.02

 北海道はコロナ緊急事態宣言下のため、次回オープンキャンパスは他都府県からの参加はご遠慮くださるようお願いしたところです...

詳しく読む

極東大学のロシア人教員が高校・大学対象にオンライン研修を行います

極東大学のロシア人教員が高校・大学対象にオンライン研修を行います

2021.6.02

 コロナ禍により、全国各地の高校や他大学でも海外留学を実施できない、という状況が続いています。ロシア人教員が多数在籍する...

詳しく読む

【緊急】他都府県からオープンキャンパス参加をご検討の方へ

【緊急】他都府県からオープンキャンパス参加をご検討の方へ

2021.5.31

 北海道ではコロナ緊急事態宣言が6月20日(日)まで延長されました。それに伴い、北海道知事から全国に対し、「今は極力、来...

詳しく読む

学校紹介動画をご覧ください

学校紹介動画をご覧ください

2021.5.28

 本校をよりわかりやすく、より深く知っていただくために、学校紹介動画をyoutubeに随時掲載中です。 今回、例年2月に...

詳しく読む

顔認証型検温器と消毒噴霧器の設置について

顔認証型検温器と消毒噴霧器の設置について

2021.5.21

 コロナ対策強化のため、玄関に顔認証型の検温器と非接触型手指消毒噴霧器を設置しました。 今までも学生・教職員は毎朝検温を...

詳しく読む

セミナー「ロシアで働く〜JALウラジオストク支店の活動とその背景〜」開講

セミナー「ロシアで働く〜JALウラジオストク支店の活動とその背景〜」開講

2021.5.20

 5月17日(月)、日本航空株式会社ウラジオストク支店様主催による標記セミナーがオンラインにて開講されました。函館校では...

詳しく読む

新プロジェクト「アグリ八幡坂」始動!

新プロジェクト「アグリ八幡坂」始動!

2021.5.19

 5月13日(木)、学生による新たなプロジェクト、「アグリ八幡坂」がスタートしました。アグリ=つまり農業です。  場所は...

詳しく読む

ロシア極東連邦総合大学函館校はロシアのスペシャリストを育成しますспециалист

(株)函館国際貿易センター
ロシア極東連邦総合大学函館校同窓会長
小柏 哲史
(2003年ロシア語科卒業)

 今から20数年前、函館市内の高校を卒業し、東京の大学に進学しました。大学卒業後は国際関係の仕事につきたいと思い公務員試験を受けるなどしていましたが、なかなか結果が出ませんでした。そんなとき、地元函館でロシア極東大が開校したことを知り入学を決めました。
 2年間ロシア語やロシア文化を学び、函館校を卒業した後、サハリンでの石油天然ガス開発プロジェクトの後方支援などを行う現在の会社に就職しました。主に貿易実務を担当し、他にも日本人がロシアビザを取得する際のサポートやロシア人の日本国内旅行のお手伝い、ときには医療通訳を行ったこともあります。
 貿易の現場ではメールのやりとりなどは英語を使いますが、ロシア人と会って話をする時などは、函館校で日頃からロシア人と接し、ネイティブの先生方から少人数クラスでロシア語の指導を受けたことが大いに活かされています。年齢や地域を越え、ロシアを学ぼうと志す仲間が一人でも多く集まってくることを同窓会長としても楽しみにしています。

(株)東洋トランス
豊留 大和
(2008年ロシア地域学科卒業)

 高校までろくに勉強をしなかった私は、卒業を前に進路でとても悩みました。そんなときに縁あってロシア極東大学函館校を知り、ロシア語なら高校まで学んでいる人は少ないだろうという考えと、雪国生活への憧れという単純な理由で進学を決めました。
 大学では4年間ロシア漬けの毎日を過ごし、ウラジオストクで5カ月間の留学を経験しました。大学に入るまで地元鹿児島を出たことがなかった私にとって、函館とウラジオストクで過ごした学生生活はとても魅力溢れるものでした。
 卒業後、ロシア物流に強みを持つ(株)東洋トランスに就職し、モスクワ現地法人で輸送・通関・倉庫営業及び業務を担当、お客様のロシア人職員と直接日本人がロシア語で対応できるという点で日系企業から信頼と評価を頂きました。
 7年間の駐在を終え、現在は東京で勤務しています。これまでの経験を活かし、日本企業のロシア進出を手助けしたいと考えています。

飯野港運(株)
長瀬 光輝
(2018年ロシア地域学科卒業)

 高校卒業後の進路としてロシア語を学びたいと考えていた私は、インターネットでロシア極東大函館校のことを知りました。充実した環境で学べることや留学実習があることに惹かれ進学するに至りました。
 在学中は少ない人数での人間関係や勉強が辛く辞めようと思ったことも多々ありましたが、4年間踏ん張り、多少はロシア語を身に付けることができました。
 卒業後は港湾関係の会社に就職し、現在船舶代理店課でロシア船を始めとする様々な船の手続きや船員のアテンダンスなどを行なっています。中古車の輸出や木材の輸入でウラジオストクやナホトカから来る船が多く、ロシア語を使う機会が多々あります。船員さん達と雑談する機会もあり、その際に4年間学んだ知識や三カ月の留学の経験が役立っています。学んだことを使えるというのはとても嬉しいことですし、やりがいを感じます。
 大学在学中は挫折しそうになることもあると思いますが、この大学でしか学べない経験は社会に出た際に何かしら役立つと思います。語学を学ぶのは難しいですが、続けていればなんとかなりますし、集中してやらなければならない時以外は自分のペースでゆっくりやっていけばいいと思います。応援しています。

センチュリーマリーナ函館
斎藤 航

 大学に入学する以前、私はロシアに三度の旅行経験がありました。旅先のモスクワで言葉の響きや料理、音楽、壮麗な建物の魅力に圧倒され、ロシアに憧れました。そこでNHKロシア語講座を始め、テキストの裏面でロシア極東大学函館校を知り、英語とは異なる外国語の学習への熱意と留学体験に惹かれ、即座に入学を決意しました。  4年間の在学中で最大の収穫は3か月間のウラジオストク留学実習でした。不慣れな土地での生活、多量な宿題、難解なテストに挫折しそうになったこともありましたが、先生方の丁寧なご指導のおかげでロシア語を見につけることが出来ました。日本帰国当日の朝になると、私は完全に現地の生活に慣れ、支えて下さった全ての方々との別れは大変辛いものでした。  卒業後は函館市内のホテルに就職し、客室清掃をしています。函館は観光客に人気の美しい街で沢山の外国人も訪れます。ロシア語を使う機会は少なく、英語が中心ですが、4年間積んだ経験は活かされています。  ロシア語の文法は複雑で最初不安はあるかと思いますが、先生方の授業は非常に分かりやすく、理解するのが楽しくなります。本校への入学を検討されてみてはいかがでしょうか。